You are currently browsing the archives for 7月, 2014.

中央部が春分点

posted in: 未分類 - 中央部が春分点 はコメントを受け付けていません。

春分の日を忘れていて、日の出か日の入りの位置を撮れなくて悔しい思いをしていたが、考えてみれば、冬至から夏至までの太陽が移動する範囲は、24mmレンズの長辺の画角に相当する。 READ MORE

ピントを合わせ

posted in: 未分類 - ピントを合わせ はコメントを受け付けていません。

ヒナを守るために夫婦の連携行動で、れんぞうをヒナとは違う方向に目を向かせ、その間にヒナをれんぞうから遠ざけるように、誘導していたのだ。 READ MORE

世界レベ ル

posted in: 未分類 - 世界レベ ル はコメントを受け付けていません。

イスラム教徒の豚に対する禁忌感情に近しいくらいの鯨に対する熱狂的な愛着を見ていると……アメリカやオセアニアの人たちの生命感情と日本人の それとの違いを感じますね。 READ MORE

生物学的な進化

posted in: 未分類 - 生物学的な進化 はコメントを受け付けていません。

ここ10年ほど「時間つぶしをしたいと思える暇な自覚」がなくなっているので、たまにはファミレスででも雑談 を楽しまないといけないなと思うのですが、最近は最低限の会話を済ませて店を立ち去ることが多いです(w)

お寿司に関しては、アメリカ流のカリフォルニア巻きとかはちょっと受け容れがたいし、寿司のネタにあり得ない食材やデザートを持ってくる場合には 既に寿司にあらずですね……

「American Sushi」という風な呼び方で日本由来の寿司と区別すれば分かりやすいかもしれません。ただ、寿司文化を広げるとマグロの消費量が劇的に闇金相談 北海道増大するので、 ビジネスとしての寿司を余りに広げすぎるのも問題ですね。

反捕鯨団体の人に鯨食文化を拡大して、食糧の供給リソースを増やすという陰謀はありかもしれませ んが、鯨の肉と分かった瞬間にとんでもない報復を受けそうです(苦笑) 生物学的な進化の過程から考えて、牛・豚・羊・鶏・鯨・イルカなどに食べても良い動物と食べてはいけない動物の恣意的な線引きをすることはナンセ ンスなのですが、なぜ、アメリカ人やオーストラリア人などは牛や豚・ブロイラーを機械的な屠殺システムに組み込みながら鯨やイルカを特別視するのかかなり 疑問です。

死刑廃止

posted in: 未分類 - 死刑廃止 はコメントを受け付けていません。

人間の心は、当事者性の欠けたイデオロギーでは動かし難い、『何故、死刑を廃止すべきなのか』を当事者性を感じさせる共感的な理由で説得できなければ、キリスト教のような博愛的宗教精神のベースがない日本では、死刑廃止論が優勢になることはないと考えられる。 READ MORE

死刑を廃絶する為に

posted in: 未分類 - 死刑を廃絶する為に はコメントを受け付けていません。

特に共感や情状の余地のない利己的な凶悪犯罪者の場合、倫理判断の源泉にある『共感感情による酌量や免罪』の機能が働かない為、死刑肯定論に流されやすい。 READ MORE

元公務員

posted in: 未分類 - 元公務員 はコメントを受け付けていません。

百歩譲っても問題の次元が違いますよ、私がここで「私的諮問機関」の権威等有効性を問題にしている意味、軽く触れている憲法論の意味も解っていないようですね。
READ MORE

イメージ

posted in: 未分類 - No Comments

肌に対する効き目が表皮だけにとどまらず、真皮部分まで到達することが可能となるかなり珍しいエキスであるところのプラセンタは、皮膚表面のターンオーバーを増進させることでダメージを受ける前の白い肌を作り出してくれます。
READ MORE

高機能性

posted in: 未分類 - No Comments

加齢に伴う皮膚のヒアルロン酸の低下は、肌の瑞々しいつやを著しくダウンさせる他に、肌全体のハリもダウンさせ痒みを伴う乾燥肌やシミ、しわが増える最大の要因 となる可能性があります。
READ MORE

基礎化粧品

posted in: 未分類 - No Comments

毎日キレイでいるためにとても必要な存在であるプラセンタ。
READ MORE

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報