食物由来コレステロール

posted in: 未分類

「肝機能の衰退」については、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの数値によって分かりますが、最近では肝臓の機能が落ちている国民の数が増加していると報じられています。

500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝という病気は、動脈硬化や脳梗塞に始まるありとあらゆる疾病をもたらす恐れがあることをご存知でしょうか。

シルバー世代の人や慢性的に病気を持っている人などは、特に肺炎を発症しやすくて治療が長引くという特徴があるため、常日頃から予防する意識や早め早めの治療が肝要なのです。
骨を折ってかなり出血してしまった状態では、血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、悪心、意識喪失などの不快な脳貧血が出るケースがあります。

汗疱(かんぽう)とは主に手のひらや足の裏、または指と指の隙間などに小さめの水疱がみられる病状で、基本的には汗疹(あせも)と言われており、足の裏に現れると水虫と思い込まれることもあります。

This entry was posted on 2014年4月11日 at 10:49 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報