面白さ

posted in: 未分類

「みんなで仲良く…」という考えが、いじめの温床になっているように、思弁的な思考の伝統がないから、物書きが哲学者と誤解されると思います。

この、知性に低さが日本のシュクアだと思います。司馬遼や山岡・海音寺と言った人達の書き盛りの時の作品は確かに面白いです。
しかし面白いですがあくまでも 事故車処分歴史上の出来事や人物から題材を取った、フィク ションとしての面白さなんですが、時として小説家の作り上げた人物像と実際の人物像が入れ換わってしまうと言う事が起きてしまうんですよね。
今川義元等が 具体的な例ですが、その為に実像の解明に支障をきたしてしまう事すらあると、研究者の道に進んだ同級生から聞いた事があります。核兵器のおかげで、人民は塗炭の苦しみを舐めています。 どういうことかというと、 今回の張成沢の粛清は第一歩です。
多くの実務派が失脚したり粛清されるでしょう。外国とのパイプが失われ、餓死者もさらに多く出るでしょう。

This entry was posted on 2014年12月7日 at 5:40 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報