難聴

posted in: 未分類

食中毒の原因にもなるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、毒力が極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と一方は毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けることができるのです。
くも膜下出血(SAH)は9割弱が脳動脈瘤と言われる脳の血管の瘤(コブ)が破裂して脳内出血してしまうことにより罹患する恐ろしい病気だと多くの人が知っています。
眩暈がなく、しつこく不快な耳鳴りと難聴の症状を幾度も繰り返す症例を「蝸牛型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」というような事例もあるようです。
数あるギプスの中でも特にグラスファイバー製のものは、大変強靭で軽量で着け心地が良い上にとても長持ちし、雨などで濡らしてしまっても壊れずに使えるという特長があり、現在用いられるギプスの定番製品なのは間違いありません。
流感、即ちインフルエンザに合った予防テクニックや治療方法を含めた必然的な対策そのものは、季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでも同じなのです。
アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を低下させたり変異を招く人体に害のある物質を体の中で無毒化し、肝臓の機能性を促すような能力が認められているのです。
気分障害の一種であるうつ病は脳内の神経伝達物質のセロトニンが足りず、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、強い倦怠感、食欲の低下、体重減少、強い焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの危険な症状が出現するのです。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、5日前後薬を飲めば、原則的に8割〜9割の人の自覚症状は消え去りますが、食道の粘膜の腫れや発赤などの炎症が癒えたことを意味しないのです。
吐血と喀血はどちらも口腔から血を吐くことですが、喀血の方は喉から肺をつないでいる気道(呼吸器のひとつ)からの出血のことであり、吐血というのは十二指腸よりも上部にある消化管から出血する病状を言い表しています。
様々な花粉症の緒症状(水っ洟、鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが主因で慢性的な睡眠不足になり、次の日起きてからの仕事に悪い影響を及ぼすことも考えられます。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、糖尿病を始めとした多様な疾患の因子となる可能性があることをご存知でしょうか。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術としては現在「大動脈バルーンパンピング(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植術」の2種類の手段が熱心に活用されています。
「ストレス」というものは、「溜めないようにするもの」「除去すべき」ものとされていますが、実を言えば、我々人間は多少のストレスを経験するからこそ、生き続けることが可能になるのです。
子どもの耳管の仕組みは、大人に比べて太い上に長さがなく、尚且つほぼ水平になっているため、様々な細菌が進入しやすくなっているのです。幼い子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、この事が関係しています。
複雑骨折したことによりたくさん出血した場合、低血圧になって眩冒やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、失神などの不快な脳貧血が出てくるケースもあります。

This entry was posted on 2017年4月27日 at 8:57 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報