起用された人物

posted in: 未分類

政調会長・総務会長がそれぞれ党のベテラン・重鎮を配していることから、幹事長は中堅を起用することになるかもしれない。

党において首相に次ぐ 地位にある幹事長に大物政治家を起用しない例は、小泉政権においてみられた。仮に今回もそうなった場合、党内外における首相の力を反映した人事ということ になるだろう。
また、そういう文脈で幹事長に起用された人物は、将来の首相候補に目される。安倍首相もまた、小泉政権時代に幹事長となっている。 政調会長の稲田君は当選3回。大臣起用としては現政権の行革大臣、内閣改造で政調会長濃厚。
二階君は御歳とって75歳。重要ポストを歴任。総務会長が濃厚だ。能力重視で結構だが、今後の国会運営上、教育基本法の改正が取り沙汰される。難問をクリアできる人事が構成できるか?が鍵ですね。

お盆を過ぎたあたりから、横浜界隈の雑貨屋さんにお化けカボチャが登場した。この夏は、確かに後半にかけて雨が多くて例年のような厳しい残暑も限定的であったとはいえ、八月下旬にトリック・オア・トリートと言うほどではない。

This entry was posted on 2014年9月5日 at 8:34 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報