解釈の変更

posted in: 未分類

現実的には徴兵制は実施されないでしょうけれど、憲法上ない、を理由に徴兵制が敷かれないという根拠はないのです。

そもそも徴兵が苦役にあたるかは”解釈”で運用されおり、愛すべき国を守ることは苦役に当たらない、という解釈になれば徴兵制は可能になります。解釈を変更して集団的自衛権を通したのだから、解釈の変更によって徴兵制につながる可能性があれば当然つっこまれるわけです。
そして、安倍氏がいくら「ない」と断言しても、解釈の変更で覆せるのだから、090金融 取り立て安倍氏が心変わりしたり、安倍政権以降の政権で解釈が変われば、いくら宣言しても「無駄」になります。
だからグダグダ言われるのです。口頭でない、ありえない、という前に、法律に明記し、時の政権や為政者の都合に振り回されないようにしない限りは、ダメでしょうね。
日本の文化として、死んだ方にまで鞭を打つという文化は御座いません。日本はざっくばらんに言ってしまったら「死んだらみんな神様仏様」という考え方が根 差していますから。

This entry was posted on 2015年1月8日 at 9:32 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報