積極的に取り組もうと

posted in: 未分類

将に今、議論になっている残業代ゼロのお話にも繋がりますが、
時間単位で成果を測るがことが妥当な仕事 = 残業時間と残業代は重要 アウトプットで

成果を測ることが妥当な仕事 = あくまでも結果が全て であろうと思います。
前者の場合、然し同じ作業量を定時に終わらせる社員と、残業が必要な社員があれば、どちらが重要な労働者であるかは言うまでもありません。 後者の場合、一日24時間労働しようとも、結果が伴ってこなければ労働時間ゼロと同様です。 労働時間だけで「ブラック企業」かどうかを判断しようとしている時点で、この記事を書いた人は根本的に間違っています。
タイトルのみを見ますと、あたかも日本が拉致問題解決に積極的に取り組もうとしていることに対して、米国が否定的であるかのような印象を受けてしまいます。
しかし中身を読めば、 拉致問題の解決に向けた日本の取り組みを支持する。
緊密な協力を続けていきたい と拉致問題も重要なテーマである点を否定しているものではなく、 日米は引き続き、核、ミサイル開発問題を外交、安全保障政策の最優先課題として扱うと確信する 「日米」両国共通のテーマとしては引き続き核・ミサイルが最重要だという、至極当たり前のことを述べているに過ぎません。

This entry was posted on 2014年11月13日 at 4:28 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報