未知

posted in: 未分類

塩分と脂肪の摂取過多は控えて簡単な運動を心がけるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない生活を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を未然に防ぐコツだといえます。
バイ菌やウィルスなどの病気を発生させる病原微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺に入って発病してしまい、肺そのものが炎症反応を起こしていることを「肺炎」と総称しているのです。
流感とも呼ばれるインフルエンザに適している予防テクニックや手当も含めた必ず行われる対処策そのものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでもほぼ変わらないのです。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はグラム陽性球菌であり、毒素が極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒力が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つが存在します。
2005/02/01から新しく全てのトクホのパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す一文の表記が食品メーカーの義務となっている。
インキンタムシ(陰金田虫)は20〜30代の男性患者が多く、大方股間の周囲だけに広がり、激しく体を動かしたり、お風呂上りのように身体が温まった時に猛烈な痒みを起こします。
内臓脂肪型の肥満が確認された上で、脂質(ししつ、lipid)、高血圧、高血糖のうち2個か3個すべてに当て嵌まる健康状態を、メタボ(メタボリックシンドローム)と称しているのです。
高血圧(hypertension)の状態が長期間継続すると、体中の血管に重いダメージが与えられ、頭から足まで色々な場所の血管にトラブルが生じて、合併症を誘発する見込が高まると言われています。
はりを皮膚に刺す、という直接的な程よい多数の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスと称されるいわば電気信号伝達を誘発すると言われています。
アメリカやヨーロッパ各国では、新薬の特許が切れてから30日後には、製薬市場のおよそ割が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に替わるというクスリもあるほど、ジェネリックは各国で浸透しているという現実があります。
トコトリエノールの機能の中では抗酸化効果が殊に知られてはいますが、それ以外に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えることが知られています。
毎日の規則正しい日常生活の維持、暴飲暴食しないこと、楽しい運動やスポーツなど、一見古典的ともいえる体についての取り組みが皮ふの老化防止にも活用されるのです。
酒類に含まれるアルコールを分解する作用があるナイアシンは、苦しい二日酔いによく効く成分です。不快な二日酔いの誘引物質とされるエチルアルデヒドという物質の無毒化に作用します。
万が一婦人科の検査で予想通り女性ホルモンの量が基準値を下回り早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと判明したら、少ない女性ホルモンを足すような医術などで改善できます。
グラスファイバー製のギプスは、丈夫で軽量な上に長期間使うことができ、濡らしてもふやけずに使用できるというメリットがあり、現代のギプスの定番だと言われています。

This entry was posted on 2017年4月12日 at 1:18 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報