勿論ビジョンなんぞ・・・

posted in: 未分類

ある時、学校から将来の夢という作文を書いて来いと宿題に出されたことがある。
その頃の俺の夢は何かの社長になる事で、勿論ビジョンなんぞ持っていなかった。

それでどうしても書けなくなり、晩御飯前の銭湯に行く時まで何を書こうか悩んでいた。そして銭湯で、湯船に浸かりながら唸っていると、フランクなオッサンがドボンと勢い良く入ってきた。やめてや、考え事してたんだからと怒ると、不倫調査 東京フヘヘヘと低くて変な笑い声を発しながら横に来た。
なんや?ボウズ、恋の悩みか?ガキの癖になー。いや、違うん。将来なんになったらいいか解らん。
そんなもん今決めんでええわい。大臣になりたくても、将来乞食になってるかもわからんで。今決めても未来がそうなるか解らんしな。でも、作文の宿題だから書かんわけにいかないもん。とまあ、良く分からない話をされたが、結局それでいいな、と思い家に帰って作文を書いた。
内容は、銭湯の社長(と書くとアホっぽいが、当時は銭湯を会社の一つだと思っていた)になりたい、無理なら銭湯に毎日入れる生活をしたい、というものだった。

This entry was posted on 2014年9月5日 at 8:26 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報