入国が認められない

posted in: 未分類

そもそも今上天皇は重罪人じゃないのだから、言葉で謝る必然性すらない。ましてや土下座なんてもってのほか。

しかも、日本語ではこんな表現だけど、本来は「九叩三拝」だったはず。昔の朝鮮が中国の皇帝に対してやらされていた、外交上の最大の屈辱行為。こんなん、今の外交関係で求めることの非常識さは、謝ったって許されるわけない。

これをしないと入国が認められないというのなら、闇金相談 石川入国しないでけっこう。おいらが聞いた限りでは、この時点で天皇陛下に訪韓の意思はなかったとのこと。ならばなおさら、こんなことを言われてまで訪韓する必要はない。

とにかく、発言の撤回と謝罪なく、単に「これ以上騒がないから問題を大きくしたくない」というだけでは受け入れられないと思う。ここで、問題をウヤムヤにしても、将来に禍根を残すだけ。将来お互いにゴチャゴチャいうことないように、とことんやりあって、決着をつける必要があると思う。

ただし、これらは未来志向的な両国関係を築くための一過程として扱われるべきで、この問題が解決しないと他の問題に取り掛からないというのはおかしいと思う。正常な日韓関係を求めるのであれば、今こそ色々な問題に白黒つけるべきだと思う。遅きに失している感はあるが、さらに遅らせる理由など何もないと思う。

This entry was posted on 2014年11月5日 at 2:06 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報