伝える

posted in: 未分類

メディアはごく一部の特殊な事項だからこそニュースバリューを見出して報道する訳ですが、故にこそ、それは特殊事例であって、

サイレントではあるもののマジョリティは別にあるということをきちんと伝えるのもまた、「正確な報道」という観点からは重要であると感じます。
以前の新聞が宅配でしか読めなかった時代は、ある特定新聞の主張しか新車のプリウス目にすることが出来ませんでしたが、今ではいつでも複数メディアの報道を比較対照、取捨選択し、私自身が考えることが出来るようになっていますので、私たちの側に大幅な選択権があります。一方、だからといってメディア自身が努力を怠って良いという訳でも無いかと思います。
ま た、数字を稼ぐニュース=面白おかしく報道されるニュース、となるのか、それとも真実をきちんと報道するニュースとなるのかどうか、については、まさしく 私たち視聴者自身に掛かっていますので、そういう意味でも私たちがしっかりとメディア報道をチェックしていくのは重要ですね。

This entry was posted on 2014年11月25日 at 4:06 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報