マルコム

posted in: 未分類

マルコムはマルコムで、悠長に話し合っている余裕などない、サルの集団を武力で討伐してからダムの復旧作業をすべきだというドレイフュスらの

『サ ル排斥派・主戦論者』を必死に牽制している。サルのリーダーのシーザーが、人間と同等以上の知性と誠実さを持つ存在だと知ったマルコムは、自分が必ずシー ザーと話をつけて電力を復旧させてみせるから攻撃を待って欲しいと要請するが、サルをバカにしている主戦派は『エテ公に何を言ったって無駄、さっさと駆逐 すべきだ』という態度である。 サルのシーザーと人間のマルコムは、 蟹 通販 おすすめ『敵であるはずの人間(サル)そのもの』を恐れているのではなく、『信用できない人間(サル)を滅ぼせという仲間の主戦論者・扇動者』がいつ暴走するか、抑えが効かなくなるかということを恐れている。
ナンバー2のコバとその追随者は、人間を嫌悪・憎悪して攻撃するしか生き延びる道はないという“ヘイトスピーチ”を繰り広げはじめ、遂には人間世 界の戦争と同じように『何もしていないのに相手から攻撃を仕掛けてきたという既成事実(自衛と報復の大義名分)』をでっち上げて大衆を戦争へと煽るのであ る。

This entry was posted on 2014年10月27日 at 9:13 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報