カニマニア

posted in: 未分類

鍋料理で味わえる本ズワイガニの方が、かなり甘みがあるだけでなく柔らかくて、日本ではほとんど獲れない大ズワイガニの方は淡白で美味しい身がプリプリとしているため、ガツガツと召し上がるには高評価となっている。

この何年か、カニマニアの中で張りのある肉質が自慢の「花咲ガニ」が注目度急上昇しています。全体の約80%の花咲ガニが捕獲される北海道・根室へ、はるばる水揚された花咲ガニを味わっちゃおうというツアーの募集もあるほどです。

ロシアからの仕入れが仰天するくらいの85%になっていると発表されています。我々が今時の買値でタラバガニを頂く事が出来るのもロシアで漁獲されるタラバガニのお蔭だといっても過言ではありません。

お正月の楽しい風情に贅沢な鍋料理を出す予定でしたら、毛ガニをプラスしてみてはいいんじゃないですか?平凡な鍋もコクのある毛ガニがあるとあっという間に華やかな鍋になるに違いありません。

毛ガニなら北海道でしょう。産地直送してくれる毛ガニの獲れたてを通販のショップで見つけて思い切り食べるのがこの時期には絶対はずせないなんていう方が多いといえるでしょう。

This entry was posted on 2014年10月11日 at 10:59 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報