たいして変わりがない

posted in: 未分類

とても全国紙とは思えない低クオリティである。
これらの恥部を探られたくない為に縮刷版を発行しないのではないかと思う。

証言に信憑性がない、そのことが即ち虚偽であると断定するところには繋がらない。
事実かどうかを確認できなかった、に過ぎないんだけど、どうした訳か、朝日新聞社は、済州島で従軍慰安婦を強制徴用したと云う証言を虚偽であったと断定しちゃった。
十分な裏付けもなしに、事実であるかのように報じてしまうのと、たいして変わりがないことをまた繰り返していないか。今度は反対の方向でね。
いや、証言自体を虚偽ではないと云ってるわけではない。 従軍慰安婦の制度の成立や、その運営実態について、改めて関心を持って見直そうとするのは、とても良いことだと思う。
そう云う意味で、この朝日の記事は、とても高く評価されて良いと思うのだけれど、なんだかスッキリしない。 にわかですみません。2ch情報の受売りです。

This entry was posted on 2014年8月7日 at 10:35 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報