お馬鹿に喜んでいますけど

posted in: 未分類

「やわらか戦車のこころはひとつ
 生きのびたい~生きのびたい~♪」

結構、有名なのでしょうか。

これって、女性より男の人の方が「やられる」気がします!
もう、曲が頭の中にリフレインしてしまって大変です!
「やわらかベイビー」というのがいるのですが、
可愛いったら、ありゃしないんです。

ただ、お馬鹿に喜んでいますけど。
結構、深いなとも思うんです。

物語の設定を置き換えり、意味を考えたりしますと・・

戦場     →僕たちの生活している世界
至上最弱の戦車→非暴力
退却     →世の流れに逆らうけど、後ろを向けない
猫      →あたらしいきっかけ
まみむめ藻ー →これぞ信じるものは救われる
誰も、読まないかも知れませんが、ひっそり解説。。。

「信じる者は救われる。」

を聞きまして・・・

「自分」が信じている事を「他人」に強要する言葉だと
思う方がいましたら、勿体無いです。

これは、人の心のあり方を述べていると思われます。
どうでしょうか?

単に、人の心のあり方を述べているだけありまして
あまり認めたくないかも知れませんが、
オウ○真理教を信じて救われた人がいるのもまた事実
なのだろうと思います。

逆に認めたくない人は、オウ○で救われるハズが無いので
がっかりせずに元気を出してください。

とっても疑い深い人が信じられた事がありましたら、
それは、堅固なものだろうなと思うのでした。

This entry was posted on 2014年7月21日 at 11:06 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報