「銃規制」

posted in: 未分類

香 港のミニバスは(私が住んでいた頃なので今はもしかすると違うのかもしれませんが)
緑と赤があり、赤は決まったバス停ではなくとも気軽に乗り降り出来たり したので

(緑は乗るのはバス停ですが降りるのは自由)、そういうのが増えればおのずと自動車利用は減らせるものと思います。
「銃口から政権は生まれる」とは毛沢東の名言ですが、共産主義のカリスマが述べた言葉を実践し続けているのが資本主義の象徴アメリカである、というのも歴史の皮肉です。
アメリカの歴史は侵略と略奪の歴史でもあります。
敢えて誤解を恐れず申せば 不倫調査 秋田、アメリカの歴史とは銃口の歴史に他なりません。 アメリカ人にとって「銃規制」とは、アメリカの根幹の否定に繋がってしまう感覚なのかもしれません。
ゲームが悪い、映画が悪い、という枝葉末節の議論は出ても、最も根幹である銃それ自体の規制の議論がなかなか進まないのもその為であろうと思います。 このところ相次ぐ乱射事件を以ってもアメリカは変わらないのか、それとも?

This entry was posted on 2014年11月23日 at 4:32 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報